So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

T.T(ティーティー)彩たま [日記・雑感]

4月18日埼玉県庁で新リーグ「Tリーグ」に参加する埼玉県拠点の男子チーム
の名称が「T.T(ティーティー)彩たま」と決まったと発表があった。
吉村真晴選手が所属することに決まった。
埼玉県庁で発表があったということは、埼玉県もバックアップしてくれている
んでしょうね。素晴らしい。

地元民として応援したいですね。


nice!(3)  コメント(0) 

一般講演会「粒をさぐる・粒でえがく宇宙」参加 [物理]

2018年4月14日
第18回東京大学宇宙線研究所・カブリ数物連携宇宙研究機構合同
一般講演会「粒をさぐる・粒でえがく宇宙」
アミュゼ柏 2階 クリスタルホール
定員400名

梶田隆章ICRR研究所長あいさつ
一般講演会がどのように始まったか等の話があった。
春はICRRが主体、秋はIPMUが主体で実施。
1回は柏、もう1回は別の場所でやっている。
ということが分かった。

資料はもらえないのとメモは取っていないので、正確には覚えていない
ので先生方の話と違うことを書くかもしれません。
資料はもらえないけど、家に帰ってからキーワードでWeb検索するとたくさん
資料が公開されているので参考になりフォローできる。

■講演1
中畑 雅行(宇宙線研究所 教授 神岡宇宙素粒子研究施設長)
超新星ニュートリノ観測の最前線
「1987 年、カミオカンデが人類で初めて観測した超新星爆発からのニュートリノの数は、わずか11 事象でした。それから30 年近くがたち、スーパーカミオカンデをはじめ世界中に数多くの検出器が建設され、「次の爆発」を待ち構えています。また、スーパーカミオカンデは、宇宙が生まれてから宇宙のいたるところで起きてきた、過去の超新星爆発で放出されたニュートリノもとらえようとしています。超新星ニュートリノ観測の最前線を紹介します。」

私のメモ
・神岡宇宙素粒子研究施設について
・恒星の話
・超新星爆発の話
 超新星爆発の映像を見せてどこで発生しているか分かるか手を挙げてもらう
 実際は数か月は明るいらしい それを数秒に短縮している
 古代の記録 中国、日本、韓国にある 西洋にはない
・元素生成について
 ビックバンのときに水素、ヘリウムが出来る。
 恒星の中で鉄までが出来る
 超新星爆発や中性子星の衝突でそれ以外の元素が出来る
・カミオカンデで超新星爆発のニュートリノを観測したときは、11個しか捉えていない。
・近くの超新星爆発だけだと年に数回しか発生しないが、範囲を広げると○○秒に1回発生する。
・超新星背景ニュートリノを捉えることも。

■講演2
白井 智(カブリ数物連携宇宙研究機構 特任助教)
専門は超対称性、暗黒物質などの素粒子現象論。
LHC 実験で探る不自然な自然
「宇宙には非常に多くの種類の原子分子が存在し、様々な天体、そして生命が存在します。しかし、現在の素粒子物理学の「自然」な予言は、太陽も地球も生命も存在しない不毛な世界です。現在の豊かな宇宙は素粒子物理学の観点からは極めて「不自然」と考えられます。これはNaturalness 問題とよばれており、現代物理学の大きな課題の一つです。講演ではこの自然さの問題について解説し、解決のための鍵であるLHC 実験についてもご紹介します。」

私のメモ
・自然な不自然とは意味が分からないですよねと言って、色々な例を話す。
 鉛筆を投げて逆立ちに立つようなこと。あり得ないけど物理法則には違反していない
 サイコロを何十個も投げて全部6の目がでる。あり得なことではないけどイカサマと思う。
 家計簿に100億円の入金と出勤がある。トータルは合っているけどおかしいと思う。
・相対性理論
 エネルギーと質量の等価性
・量子力学
 電子の裸の質量、量子効果で電子の周りには光の雲のような状態がある
 磁気モーメントの実験とQEDの計算の精度は最も成功した例の1つ
・標準理論で説明できないことがある。
 ニュートリノの質量、ヒッグスの質量・・・
・ヒッグスは重い素粒子とも関わるので量子効果が大きくなる。
 しかし実際の質量は125GeV。
 実際より何桁も大きい量子効果がキャンセルのは不自然
 標準理論では説明できない。新しい物理が必要
・考えられること
 量子効果をキャンセルするものがある → 具体的には話さなかったけど超対称性粒子のことのよう
 ヒッグスは素粒子ではない → 具体的には話さなかったけど複合粒子と考える
 次元を増やす (だっとような)
・LHCの実験の話
 大量の反応から不要な反応を除いて目的の反応を見つけることが難しい
 データが公開されているらしい
 目的の反応を見つけ出すソフトのコンテストがある(ネットでアクセスできるらしい)
・朝カルの浅井祥仁の講義とテーマが重なるところがあるが、纏め方が違うので今回気付いた点もあり良かった。

■講師二人とのディスカッション
・実験系と理論系のバトルトークもあり、盛り上がった。
・質問で手を上げるひとがいつもより少なめだったような。

■講師とのディスカッション
・熱心に質問しているひとが多かった。
・記者のように講師の話をメモしているひとがいた。関係者だろうか?

全体を通して、素粒子や宇宙に関係する未解決問題の話題が沢山出て来て、これからの物理学の発展が楽しみになってきた。



nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

季節外れの暑さ [日記・雑感]

3月というのに25度以上の夏日があちこちで記録されたらしい。
先週は関東地方でも雪が降ったというのに。
職場も前から暑かったんですが、今日は3月というのに冷房が入って、
助かった。

今朝、ラジオを聞いていたら、気象予報士の森田さんが最近桜が白くなった
という話をよく聞くということを話していた。
色々調べた結果、1説には桜は咲き始めは白く散るころが一番ピンク色になる
という説があり、それが原因ではないかという話だったと思う。
聞き役の森本毅郎さんと遠藤泰子さんは少し疑った感じでしたが。
もう一つの説としては、イラストなどで桜を描くときにピンク色が強調される
ので、それと比べて白く感じられるのではないかということだったかなと思う。
nice!(15)  コメント(2) 
前の3件 | -