So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年4月1日朝カル講習会参加 VOL3 [物理]

2017年4月1日 朝日カルチャーセンター
川崎雅裕先生(東京大学宇宙線研究所)の講演「宇宙と素粒子」も受講しました。

初めに素粒子の標準理論のおさらいがありました。

以下のような課題があり、標準理論を越える理論が必要
 力の統一
 ニュートリノの質量の期限(標準理論では質量0)
 暗黒物質
 インフレーションの起源
 物質反物質の非対称性

ビックバン、インフレーションについての説明がありました。
 スローロール・インフレーション(初めて聞きました)
 (スカラー場がポテンシャルをゆっくり転がる間にインフレーションが起きる)
 ・・・元々のインフレーションモデルでは際限なくインフレーション
    が続いてしまう欠点があったが、このモデルでは止まるようです。
スカラー場の正体については、分かっていませんが、ヒッグスである可能性も
あるようです。浅井先生が川崎先生がこの件についてどのように言っていたか
受講者に聞いていました。
宇宙の地平線、密度揺らぎの生成、インフレーションによる重力波の生成

物質・反物質の非対称性の話
 サハロフ条件
 レプトン数からバリオン数に転化する(スファレロン過程)
 バリオン数生成機構
  重いニュートリノの崩壊によるバリオン数生成
   重いニュートリノからニュートリノ+ヒッグスに崩壊(レプトン数+1)
   重いニュートリノから反ニュートリノ+ヒッグスに崩壊(レプトン数ー1)
        (重いニュートリノはレプトン数0)
    2つの反応率が異なる(サハロフ条件1と2を満たす)
   熱平衡にもならない。(サハロフ条件3も満たす)

2時間と短い時間でしたが、よく纏まっていて分かり易かったように思う。




nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0