So-net無料ブログ作成

4月15日宙に訊ねて理を導く [物理]

4月15日にアミュデ柏で下記の一般講演会を聴講しました。

第16回東京大学宇宙線研究所×カリブ数物連携宇宙研究機構合同一般講演
「宙に訊ねて理を導く」

最高エネルギー宇宙線
ユタ州から極高宇宙現象を探る
佐川宏行 宇宙線研究所 教授

カラビヤウ多様体
物理学がもたらす数学の「予想」
戸田幸伸 カリブ数物連携宇宙研究機 准教授

定員400人で応募多数の場合は抽選になりますが、2回に1回以上は当選
しているような気がします。

宇宙線は、宇宙空間から地球に降り注いでいるミクロな粒子のこと。
宇宙線の最高エネルギーは、人類が作り出せるエネルギーの1000万倍の
エネルギーを超えるそうです。しかし、その宇宙線がどのような宇宙
現象から発生したものなのかはよく分かっていないそうです。
佐川先生は、米国ユタ州でテレスコープアレイ(TA)実験で、その謎を
解明しようとしているそうで、今回はその話が聞けました。
宇宙線の研究というと素粒子の研究かと思いましたが、この実験はどう
も天文学に近いようでした。

カラビヤウ多様体は、もともと数学の代数幾何学などの分野で研究されて
いた。物理の超弦理論でこの世界には微小な6次元空間が潜んでいてそれが
カラビヤウ多様体になっていると考えられ研究されるようになった。
それで物理学者が、1990年頃に超弦理論の研究からカラビヤウ多様体の
幾何学にについて関する驚くべき予想をし、数学者も大いに触発されて
研究が進展したということです。
戸田先生は数学者としてカラビヤウ多様体を研究しているそうです。
当然、一般のひとにカラビヤウ多様体そのものを説明することは出来ませ
ん。それで、放物線を複素数に拡張すると球になるとか、楕円曲線は
トーラスになるとかいう話をしていたと思います。
講演が終わった後にロビーで先生と直接話ができる時間がありましたが、
何人かのひとは、なぜ放物線が球になるのか質問して、紙に書いて説明
を受けていました。

今回も面白い話が聞けて良かった。





nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0